ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護事業
  4. デイサービスに必要な人材とは

デイサービスに必要な人材とは

デイサービス運営に必要な人材
デイサービスを運営するにあたり、人員の基準が決められています。以下のような人材が必要となります。
①管理者
デイサービスの管理者は、事業所を運営するにあたり総合的なレベルが求められます。デイサービスの顔ともなるので、管理者に特別な資格は必要ありませんが
責任者である以上、介護分野の何らかの資格は持っていると良いでしょう。

②生活相談員
生活相談員は、相談業務を中心に行っていきます。利用者やそのご家族の相談を聞く立場となり、心身の状態や状況を把握し、適切なデイサービスが受けれるよう、自治体やケアマネジャー、その他の
事業者らと連絡調整を行っていきます。生活相談員になるには、「社会福祉士」「精神保健福祉士」「社会福祉主事任用資格」の有資格者、または「これらの同等の能力を有する者」(自治体によって取り扱いが異なるため、指定申請の窓口で事前に確認を取る)である必要があります。

③機能訓練指導員
機能訓練指導員とは、利用者が日常生活を送るうえで必要な機能の衰えを防止するための訓練を行う専門職のことです。機能訓練指導員の配置は、各自治体によって取り扱いが異なるため、指定申請の窓口で必ず事前に確認をとる必要があります。

④介護職員
介護職員の主な業務は、主に利用者の日常生活の介助、援助を行うことです。介護職員は最も利用者との接する機会が多いのです。特別な資格は必要はありませんが、利用者の命を預かる以上、管理者と同様に、有資格者であることが良いでしょう。

⑤看護職員
看護職員は、機能訓練指導員と兼務ができます。「看護師」「准看護師」の資格が必要となってきます。ただし、定員が10名以下のデイサービスでは原則的に看護職員は必要はありません。

関連記事