ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護事業
  4. 生活相談員は管理者の右腕的存在!

生活相談員は管理者の右腕的存在!

生活相談員は管理者をサポートする役目なのです!
生活相談員の主な業務は以下の通りです。
①面談(利用者や家族)
・利用者や家族等の希望・意向の聴取
・利用者や家族等への通所介護サービス計画書の説明・同意
・家族等への利用者の状態等に関する定期的な情報提供・報告
・苦情の受付・苦情処理に関する業務
②プラン作成
・通所介護計画書を作成するためのアセスメント
・長期目標・短期目標の作成
・通所介護計画書原案の作成
・通所介護計画書についての栄養マネジメント・リハビリマネジメント等との整合性調整・確認
・入院・転所時における通所介護計画書の引継ぎ
③観察・記録
・利用者の心身の状況、生活歴等の状況の把握
・通所介護計画書に基づく実践の記録、モニタリング、ならびに通所介護計画書の定期的な見直し
・事故発生の記録
④調整
・ケアマネジャーとの連携やサービス調整
・利用終了時における利用者・家族等の希望・意向の聴取、ならびに情報提供やサービスの調整

生活相談員はデイサービスの顔!
デイサービスによっては、管理者だけでなく生活相談員も営業などを行っているところもあり、管理者が介護に関して経験や知識が不足していると、
生活相談員が顔になることもあります。生活相談員も将来的には管理者へと養成するといったこともあり、大切なポジションです。

生活相談員は幅広い業務です!
デイサービスでは、生活相談員が必ず1人以上いないといけないので、、もし退職や休業の場合にも常に対応できるよう、多く採用することが
大切です。生活相談員は相談ばかりが仕事ではないため、あらかじめ管理者の右腕であることを納得してもらう必要があります。

社会福祉主事任用資格を有効活用!
生活相談員となるためには、「社会福祉主事任用資格」です。管理者の人は、履修単位を調べ取得してみましょう。

関連記事