ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 相続税
  4. 遺留分って何?制度の見直し

遺留分って何?制度の見直し

みなさまこんにちは!高須賀会計事務所です。本日は相続に関連して遺留分について書きたいと思います。

遺留分とは

遺留分とは、①配偶者②子(またはその代襲相続人)及び父母・祖父母(直系尊属)に保障されている最低限度の相続財産のことです。対象は配偶者・子・父母・祖父母なので兄弟姉妹には遺留分は存在しません。

問題点

従来、遺留分制度については、遺留分減殺請求権請求権の行使により、当然に物権的効果が生じることにより、遺留分権利者と遺贈等を受けた者との間で複雑な共有状態が生じることが問題となっていました。

例えば、経営者であった被相続人が「長男に会社の土地建物を」「長女に預金を」相続させる旨を遺言の残し死亡したとします。
この相続が長女の遺留分を害していた場合には、長女が長男に対して遺留分減殺請求をすることにより、土地建物が共有状態となってしまいます。
このようなケースでは経営者である長男が事業のために利用する土地になんらかの制約を受ける可能性が生じます。

解決策

このような問題点を解消するために①遺留分減殺請求の行使により物権的効果ではなく金銭債権としての遺留分侵害額請求権が発生するとして改正が行われました。

遺留分割合

遺留分は「遺留分を算定するための財産の価額」に1/3あるいは1/2を乗じて計算します。1/3になるのは父母・祖父母のみが相続人である場合で、それ以外は1/2を乗じることとなります。「遺留分を算定するための財産の価額」は次の式により計算します。

計算式相続人開始時点の財産+贈与した財産の価額-債務の金額

贈与財産の範囲

贈与した財産の範囲

①相続人以外に対する贈与

相続開始前の1年間にしたものに加算

②相続人に対する贈与

相続開始前の10年間にしたものに限り加算(特別受益に該当するものに限る)
(改正前は時期を問わず加算であった)

③遺留分権利者に損害を加えることを知って行われた贈与

時期を問わず加算

遺留分割合

 

相続人の組み合わせ 遺留分
配偶者のみ 1/2
子1人のみ 1/2
子2人 各々1/4
配偶者と子1人 配偶者1/4 子1/4
直系尊属(父母・祖父母)1人 1/3
配偶者と直系尊属(父母・祖父母)1人 配偶者2/6 直系尊属1/6

最後に

この他、遺留分侵害額請求権の計算方法が新たに法定されていますが、次回以降のブログで書きたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事