ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護事業
  4. デイサービスの紹介に有効なパンフレット作成!

デイサービスの紹介に有効なパンフレット作成!

パンフレットを作成しよう!

経営者は、デイサービスの人集めと利用者定着のために様々な策を考えいると思います。本日はパンフレット作成について書かせて頂きました。
パンフレットはデイサービスを知ってもらうのにとても有効なツールです。
悩んでいないで、とにかく作成してみましょう!とは言ってもせっかく作成したのに手に取ってもらえなかったら意味がありません。どうすれば手に取って読んでいただけるのか?2つの方法をご紹介します。

パンフレットの目的!

まず1つめは「パンフレットの目的をも改めて考えてみる」ことです。
デイサービスのパンフレットはケアマネージャ向けの営業用に作られたものです。ということはケアマネージャが必要な情報をいかに分かりやすく、まとめる必要があります。具体的には、「事業所情報」「法人情報」「介護保険事業者番号」「サービスの内容」「1日の流れ」「料金等」を分かりやすく掲載すると喜ばれるでしょう。どんなに見た目が綺麗なパンフレットだったとしても、ケアマネージャーが欲しい情報が記載されていなければ、パンフレットはゴミ箱行きです(涙)。どういったコンテンツを記載しようかと思ったときには、ケアマネージャーが欲しい情報を基準に考えるということが大切となります。

パンフレットは三つ折りがオススメ!

パンフレットは持ち運びや保存に便利な三つ折りがオススメです。
三つ折のパンフレットを想定すると、先ほど「説明したケアマネージャーが必要とする情報」がパンフレットの冒頭や最終のページに一括して記載されていると、とても見やすくなります。
さらに、ケアマネージャは日常的に介護施設や医療施設を回っていることが多いので、持ち運びやすい三つ折りパンフレットは喜ばれるでしょう!
必ず三つ折りでないとダメということではもちろんありませんが、A4ファイルなどで整理して保存する人が多いので、その大きさに難なく入る大きさ、厚さを選びましょう。

ライバルを観察しよう!

2つめは、「ライバルの折込チラシを参考にする」ことです。競合他社分析はとても重要です。
特にパンフレットをつくる!と気合いは入ったけど、何から手をつけていいのか分からない場合はオススメです。他のデイサービスやチラシを参考にすることで、どのようなサービスを他社が行っているか情報収集にもなりますよね。ライバルのチラシを見ているうちに要点にも気付くはずです。要点が整理できれば不要な情報が削がれた見やすいパンフレットができあがるでしょう。

読み手を意識して専門用語を避ける!

また、営業用と一般用のパンフレットを作成することもあると思いますが、その際、読み手がわからないだろう専門用語の使用は避けるようにしましょう。営業用とは一般用では読み手が違うので注意が必要ですね!
営業用、一般用いずれも印刷所などに依頼し、きちんとしたパンフレットを作成するようにしましょう。

関連記事