ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 介護事業
  4. 利用者家族やケアマネジャーに見てもらうならインターネットをフル活用しよう!

利用者家族やケアマネジャーに見てもらうならインターネットをフル活用しよう!

インターネットをフル活用しよう
介護業界の現状は、インターネットに遅れています。利用者の多くが高齢者のため、ネットに不慣れではありますが、今後は徐々に変化していくはずです。
利用者はネットに不慣れであっても、その家族やケアマネジャーは、仕事や私生活でもネットをフル活用している世代です。
今後、高齢化で利用者が増える一方、若い世代の人達が、親を介護するようになっていくので、ますますネットを利用する人が増えていきます。

まずはHP作成を!
まずは、情報を発信させていくためにもホームページを作成してみましょう。現在、既に運営している小規模な施設では、ホームページを開設しているところが過半数ですが、住所のみの記載されたところや、更新が止まっていたり、リンクが切れている
こともあります。それでも、介護に関する情報を必要としている人はたくさんいるので、ホームページがないよりは、あるほうが良いのです。極力、更新頻度を上げホームページに力をいれて。積極的に運営していきましょう。

スマートフォンの対応もしていこう!
利用者の家族世代は、スマートフォンを利用している人がほとんどだと思うので、スマートフォンからでも見やすいページ作りが大切になってきます。また、スマートフォンの専用ページも作ることができます。

ブログや日記も効果的!
管理者の日記のようなイメージで良いので、日々の出来事や、食事内容、デイサービスでの様子など毎日更新することで、情報発信となります。インターネットやブログなどの取り組みが営業や見学会でも話題となり生きていくと思います。

SNSも活用していこう!
Facebook(フェイスブック)やInstagram(インスタグラム)もブログと同じ要領で情報発信の手段となるので、是非活用してみましょう。

関連記事