ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 会計事務所サービス
  4. 税務調査の事前対策

税務調査の事前対策

<税務調査とは>


税務調査とは税務署に提出された申告書に基づき「税金が正しく計算されているかどうか」を確認するための国税局や税務署によって行われる調査のことです。「税務調査はこわい」「お土産を渡さないといけない」など色々なイメージがあると思いますが恐れる必要はありません。変な言いがかりをつけたり、根拠なしに税金を無理やり取りに来る調査ではありません。こちらが日頃に正確に帳簿をつけていることさえ証明できれば堂々と調査を受けることができるのです。この税務調査で重点的にチェックされるのは「売上の計上漏れ」「経費の水増し」です。特に不正によりこれらの行為が行われていないかということが厳しくチェックされます。

<税務調査の日時>


税務調査はが実施される場合、事前に電話連絡があり、「●月●日に調査をしたい」という連絡が税務調査官より入ります。はじめてこのような電話が入った時には「税務調査官が指定した日に必ず税務調査を受ける必要がある」と思ってしまいがちですが、そうではありません。業務上、どうしても外せない用事があればこちらの希望日時を伝え、日程を変更してもらうように税務調査官に伝えます。税務調査官が指定する日時に必ず税務調査を受ける要はないということを覚えておきましょう。このように調査日時は税務署側の都合に合わせる必要はありません。しかしながら正当な理由がないのに、先延ばしを繰り返したり、税務調査自体を拒否することはもちろんできません。
正当な理由なしに税務調査を拒否するとどうなるかも知っておきましょう。正当な理由なしに税務調査を拒否すると一年以下の懲役または罰金を課せられる場合があります。気を付けなければなりませんね。高須賀会計事務所では、クライアントと連絡を取り合い2~3週間の先に税務調査の日程を設定します。税務調査まで時間的な余裕を確保することで、税務調査の準備をすることができます。

<税務調査の連絡があったらすべきこと>


①税務調査予定日②税務調査官の所属部門③税務調査官の氏名を確認しましょう。確認をしたうえで「顧問税理士に相談した上で、こちらからまた連絡しますと」と担当者に答えてください。

<税務調査の種類>


税務調査には種類があります。①任意調査と②強制調査(マルサ)です。
①任意調査とは納税者の協力の下、行われる税務であり②強制調査(マルサ)は裁判所の命令の下、行われる強制調査になります。マルサは映画でも有名になりましたね。任意調査は事前に連絡がありますので、事前に会計事務所と対策を行うことが可能です。一方で、強制調査(マルサ)事前の連絡はなく抜き打ちの調査となります。

<税務調査で準備するもの>


会計事務所と相談しながら準備を進めていくことになりますが「過去3期分の帳簿書類」「預金通帳」「契約書類理」「従業員名簿」「タイムカード」は最低限用意すべき基本の書類となります。税務調査官相手に「書類をなくしてしまいました」は通用しません。重要性の高い取引に関する書類を紛失した場合には再度作成しておくようにしましょう。書類が紛失している状況を受けて、税務調査官の心証が悪くなる可能性があります。逆にしっかりと書類を整理して提出できれば、心証が良くなり税務調査がスムーズに終わることになります。

<税務調査の心得>


これが一番大切だと思いますが、税務調査の準備をしているときに「これはまずそうだな」と心配に思うことがあれば会計事務所と共有しておくようにしましょう。これは些細なことだろうと勝手に大丈夫と思い込み、その油断が大きな問題になることもあります。少しでも気になったことは会計事務所に伝えるようにしましょう。

関連記事