ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 会計事務所サービス
  4. ITに強いかどうか

ITに強いかどうか

はじめに

会計事務所を選ぶにあたってはITに強いかどうかも調べておくべきです。ITに弱い会計事務所は非効率な作業の積み重ねで料金が高くなっていることか多いからです。これまでのやり方を踏襲して新しい取り組みをしていない会計事務所は過去のやり方から脱却できておらず作業が非効率となっていることがあります。一生懸命頑張ってくれるのですがなにかと遅いのです。一方で新しい取り組みをしていて積極的に効率化を進めている事務所もあります。そのような会計事務所はデータの作成などに割く時間を極力減らし、クライアントとの面談時間を多くとることができます。面談時間の中で売上や利益のアップ方法や経費削減の手法、意思決定に関して話し合い有意義な時間を過ごすことができます。あなたはどちらの会計事務所がよいですか?同じ料金であれば色々な相談に乗ってくれて、為になる提案をしてくれる会計事務所の方が魅力的ですよね。繰り返しになりますがITに強い会計事務所はあらゆる作業をコンピューターの力を駆使して効率化しています。そのため報告や分析も即座に行うことができ顧客訪問時には有意義な議論をクライアントと交わすことができるのです。いくら知識が豊富であっても非効率な作業をしている会計事務所には依頼したくないですよね。会計事務所を選ぶときにはITに強いかどうかも是非確認するようにしてください。

クラウド会計ソフト

クラウドソフトの機能充実により会計データや税務データの作成が従来より短時間で行えるようになっています。このような新しい流れにしっかりとついていけている事務所は会計データの作成に時間をかけずにデータの分析やコンサルティング業務に時間を割くことができています。クライアントにとってもその方が価値の高いサービスが受けられるので満足度が高ま利益WIN WINの関係を築くことができるのです。会計事務所と契約をするときにはクラウド会計ソフトを利用してくれるのか、クラウド会計のサポート実績がどのくらいあるのか是非確認するようにしてください。

表計算ソフト

クラウド会計ソフトは定型的な業務には強いのですが、それ以外の非定型業務には強くありません。例えば売上高のシミュレーションを行う場合において飲食店と通所介護事業所では計算式が異なります。(例えば飲食店であれば、席数は通常固定値であり客単価と回転率と営業日数が変動値である。他方社会保険を利用するデイサービスなどは客単価は固定値となる)
このような細かなシミュレーションを行う場合や、会社独自の資料作成を行う場合はExcelやスプレッドシートなどの表計算ソフトを利用することになります。このような基本的なスキルであっても会計事務所によって差があります。同じExcelを利用しているのにほぼ手書きでワープロのように使っている非効率な会計事務所もあれば、関数やプログラミングを駆使して業務を行っている会計事務所もあります。

最後に

いかがでしょうか。どうせ高いお金を払うのであれば、効率的に作業をしてくれて魅力的な提案をしてくれる会計事務所を選ぶべきですよね。ただ、どのように会計事務所が作業をしているかは内部の事情で知ることは難しいとも言えます。面と向かってどのように作業をしているか聞き出せる人はいないでしょう。確認する方法としてはホームページを覗いてみたりSNSの記事をチェックすることです。どのような取り組みをしているかがわかりますので、その中でITに強いかどうかもわかるはずです。

関連記事