ブログ

みなさまのお役に立つ
情報を提供します!

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 技能職員数および元請完成工事高 Z

技能職員数および元請完成工事高 Z

技能職員数および元請完成工事高が総合評定値(P)に占める割合は25%となっています。平成20年改正前は20%だったのですがそこから5%引き上げられ現在の25%となっています。技能職員数は「建設業者の技術力」を評価する目的があり、元請完成工事高は「元請業者としての経営能力」を評価する目的があります。

技術職員数の評価
技能職員数の評価は、建設技術系国家資格保有者と実務経験者数を評点に反映します。技能職員数が多いほど、評点は高くなります。また、実務経験者よりも有資格者のほうが評点が高くなります。更に有資格者の中でもより技術力の高い1級相当の資格保有者が高く評価されます。また、監理技術者講習や基幹技能講習を修了した者は、加点評価が行われます。
これら技術職員数の評価対象となる職員は、建設業者に常勤でなければいけません。常勤であることを確認するために社会保険関係書類や賃金台帳などの提出が必要となります。

関連記事